静電容量無接点方式スイッチを搭載した新筐体 REALFORCE 保証書付 R2 のテンキーレスAPC機能搭載静音モデル 東プレ R2TLSA-JP3-BK SA USBキーボード ブラック 最大95%オフ! TKL 日本語配列91キー

静電容量無接点方式スイッチを搭載した新筐体「REALFORCE R2」のテンキーレスAPC機能搭載静音モデル 東プレ R2TLSA-JP3-BK ブラック REALFORCE TKL SA USBキーボード(日本語配列91キー)

SA,R2TLSA-JP3-BK,USBキーボード(日本語配列91キー),静電容量無接点方式スイッチを搭載した新筐体「REALFORCE,R2」のテンキーレスAPC機能搭載静音モデル,東プレ,hotwallpaperhub.com,パソコン・周辺機器 , マウス・キーボード・入力機器 , キーボード,17030円,TKL,/Lupercal1219874.html,ブラック,REALFORCE SA,R2TLSA-JP3-BK,USBキーボード(日本語配列91キー),静電容量無接点方式スイッチを搭載した新筐体「REALFORCE,R2」のテンキーレスAPC機能搭載静音モデル,東プレ,hotwallpaperhub.com,パソコン・周辺機器 , マウス・キーボード・入力機器 , キーボード,17030円,TKL,/Lupercal1219874.html,ブラック,REALFORCE 静電容量無接点方式スイッチを搭載した新筐体 REALFORCE 【保証書付】 R2 のテンキーレスAPC機能搭載静音モデル 東プレ R2TLSA-JP3-BK SA USBキーボード ブラック TKL 日本語配列91キー 静電容量無接点方式スイッチを搭載した新筐体 REALFORCE 【保証書付】 R2 のテンキーレスAPC機能搭載静音モデル 東プレ R2TLSA-JP3-BK SA USBキーボード ブラック TKL 日本語配列91キー 17030円 静電容量無接点方式スイッチを搭載した新筐体「REALFORCE R2」のテンキーレスAPC機能搭載静音モデル 東プレ R2TLSA-JP3-BK ブラック REALFORCE TKL SA USBキーボード(日本語配列91キー) パソコン・周辺機器 マウス・キーボード・入力機器 キーボード 17030円 静電容量無接点方式スイッチを搭載した新筐体「REALFORCE R2」のテンキーレスAPC機能搭載静音モデル 東プレ R2TLSA-JP3-BK ブラック REALFORCE TKL SA USBキーボード(日本語配列91キー) パソコン・周辺機器 マウス・キーボード・入力機器 キーボード

17030円

静電容量無接点方式スイッチを搭載した新筐体「REALFORCE R2」のテンキーレスAPC機能搭載静音モデル 東プレ R2TLSA-JP3-BK ブラック REALFORCE TKL SA USBキーボード(日本語配列91キー)



商品説明

★ スイッチのオン位置を調節できるAPC(アクチュエーションポイントチェンジャー)機能を搭載
東プレ独自のAPC機能により、通常のメカニカルキースイッチより最大25%高速入力。各キースイッチのオン位置が1.5mm、2.2mm、3mmの3段階で調節できるため、キースイッチの反応速度を最適化できます。例えば、素早く入力したいキーは1.5mmに、不意の誤入力を防止したいキーは3mmに設定できます。

★ 静電容量無接点方式スイッチにより極上のキータッチを実現
スイッチ機構に静電容量無接点方式を採用しています。電極が接することなく一定レベルに近づけば回路が接続されてキー押下を認識する仕組みのため、物理的な接点が無く、信頼性と耐久性に優れています。

★ 静音キースイッチ
標準仕様に比べ、静音仕様キーボードの振幅(縦軸方向)が大きく下がり、静かな場所でのタイピングに適しています。

★ 高速入力に適したキー形状
キーを横から見た形状が、指の動きに合わせて列ごとに異なる「ステップスカルプチャータイプ」です。

★ 色替え可能なキーインジケータ
CapsLockやNumLockなどの状況を知らせるインジケーターのLEDの色をキーボードの操作によりお好みに応じて7色から選んでカスタマイズでき、LEDの明るさも調節できます。

★ 素早い入力を確実に捉えるフルNキーロールオーバー
複数のキーが同時に押された場合に押された順序に従ってすべて認識される「Nキーロールオーバー」対応なので、高速入力時に同時押しの様な入力をしても全て正確に入力されます。プロのオペレーターにも安心してご使用いただけます。

スペック

* 対応OS:Win
* 本体サイズ/重量:幅369×奥行142×高さ30mm/1.1kg
* キー数/印字:日本語配列91キー(かな無し)/昇華印刷
* キースイッチ:静電容量無接点方式
* 特殊機能:APC機能、静音仕様
* キー荷重/キーストローク:30g/4.0mm
* スイッチ寿命:5000万回以上
* 接続:USB
* ケーブル長:約1.7m
* 対応機種:Windows7/8/8.1/10が動作するパソコン

静電容量無接点方式スイッチを搭載した新筐体「REALFORCE R2」のテンキーレスAPC機能搭載静音モデル 東プレ R2TLSA-JP3-BK ブラック REALFORCE TKL SA USBキーボード(日本語配列91キー)

高級レストラン"また行きたい"偏差値【2022年1月最新版】

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 私の主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の優劣ではありません。
  • 閉店分を削除するなどメンテしました(2021年2月)。過去版はコチラ


【保存版】高級レストランでナメられないためのマナー集

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

山元麺蔵 (やまもとめんぞう)/岡崎(京都)

京都、いや日本においてもトップクラスに難易度の高いうどん屋「山元麺蔵 (やまもとめんぞう)」。昔は100人待ち数時間待ちは当たり前だったのですが、整理券方式になり、電話予約方式になりと試行錯誤が続きます。

ちなみに2022年5月においては毎朝9時から当日分の予約を受け付け、指定された時間に訪れしばし待つと入店できるというディズニーのスタンバイパスのような仕組みとなっていました。
ネット上の情報では「100回かけても電話がつながらない」「つながるまで1時間以上かかった」などの悲鳴が流れていますが、店頭での予約も受け付けており、私は09:05に直接訪問すると瞬で予約することができました(直接訪問予約受付は数軒隣のテイクアウト専門店舗にて)。
オープン直後の回(10:20~)に予約したのですが、念のため10分前に到着しておくとそのまま店内にご案内頂けました。私以外のゲストたちもやや緊張した面持ちで全裸待機しておりワクテカです。

ちなみに店主のムッシュ山元は元Vリーグの選手(バレーボールのプロ)であり、スタッフも皆、体育会系というか何というか、元気溌剌といった雰囲気です。店主は手が空けば客席を周ってゲストと言葉を交わし、お会計の際には厨房の奥から飛んで出てきて挨拶をするなど、客商売の鏡です。
まずは「鶏ささみ天ざる」。1,100円です。「まずは」と記したのは、当店に訪れる機会は中々無いので折角だから連食しようという心の在り方です。ちなみにゲストの男子は皆、連食していました。
結論から申し上げますと、激しく旨いです。私がこれまでの人生において最も愛したうどん屋は名古屋の「うどんの千」なのですが、その愛情を軽々と超えていくミラクルな味わいです。

兎にも角にも食感が刺激的ですね。モチモチとした口当たりながらツルっとした喉越し、しかしながら噛み応えは恐ろしくタフという斬新な代物です。一本一本が太くて長く、「麺切りカッター」なる特殊器具まで用意されています。
「鶏ささみ天」もうどんに負けず劣らずボリューム満点で、鶏肉だけで純粋に150-200グラム近くあるのではなかろうか。讃岐うどん屋のように作り置きでなく、注文が入ってから揚げ始めるのも嬉しい限り。
続いて「香味油の牛と土ゴボウのつけ麺」。1,200円です。いわゆるラーメン屋のつけ麺のようなスタイル。麺の温度は冷か温を選択することができ、その麺を温かいつけ汁に浸して頂きます。
「香味油」とありますが辛味がビンビンというわけではなく、出汁をベースに凝縮された動物性の旨味が激しく踊り、まさしくラーメン屋のつけ麺のようなつけ汁です。ささがきゴボウと薄切りの牛肉が絡まり合い、「ざる」とはまた違った方向性の旨さです。
ラーメン屋のつけ麺よろしく残ったつけ汁には割りだしが用意されており、1滴も余さず完飲。おなかタプンタプンやで。
サービスで杏仁豆腐もお出し頂けます。そこまで濃厚なタイプでなく華やかな風味であり、満腹でしたがチュルンと胃袋におさまりました。
いやあ、評判にたがわず美味しかった。これまでに私は香川を訪れ十数件の有名店にお邪魔してきましたが、そのどこより美味しかった。もちろん当店は讃岐うどん屋ではなく、もはや別モノの料理かもしれませんが、それにしても、それにしても美味しかった。

また、冒頭に「難易度の高いうどん屋」と記しましたが、朝9時に直接訪れて店頭予約を済ませ、予約時間までは徒歩5分の蔦屋書店&スタバ・平安神宮・岡崎公園・岡崎神社・京都市京セラ美術館・京都国立近代美術館あたりで時間を潰せば、ストレスを感じることはないでしょう。「とりあえず行ってみる」作戦が最も威力を発揮するお店に感じました。


関連ランキング:うどん | 東山駅蹴上駅三条京阪駅


関連記事
京都はとにかく和食がリーズナブルですね。町全体の平均点が高いのはもちろん、費用対効果も良いことが多い。その文化に影響を受けてか、欧米系のレストランにも目が離せない魅力がある。
JR東海「そうだ京都、行こう。」20年間のポスターから写真・キャッチコピーを抜粋して一冊にまとめた本。京都の美しい写真と短いキャッチフレーズが面白く、こんなに簡潔な言葉で京都の社寺の魅力を表せるのかと思わず唸ってしまいます。

鮨 ばんど/戸越銀座

新宿御苑前の人気店「匠 達広」の姉妹店「鮨 ばんど」が戸越銀座にオープン。戸越銀座もしくは不動前駅からそれぞれ徒歩10分ほどの住宅街に位置し、商業地域というよりは実家みたいな立地です。
店内はカウンターが8席と個室。個室は子連れもOKだそうで、土地柄、家族連れで訪れるにピッタリの雰囲気です。伊山徳宗シェフは総本山である「匠 達広」でみっちりと修業し、「新宿 ばんど」でその腕を振るったのちに当店をオープン。
飲み物メニューは無いのですが、最終支払金額から逆算するにビールも日本酒も千円かそこらでしょう。日本酒が充実しており、大将におまかせして飲むよろし。
まずはシジミのスープで肝臓を強化します。これは酒を飲めよというフリですな。
ツマミにヒラメ。清澄かつ豊かな味わいであり、やはり日本の魚食文化は凄いなと痛感します。
のれそれ。アナゴの稚魚であり、言わずと知れた珍味です。私は一年を通してそれなりに和食店を訪れるのですが、滅多に出会うことの無い素材です。
小ヤリイカ。いかめしは私の大好物なのですが、時々どぎついエグ味を感じることもしばしば。小ヤリイカであればその雑味などは無く、イカ本来の清らかな味覚を楽しむことができます。
早速にぎりに入ります。トップバッターは春子鯛。かなり分厚いキッツケであり、春子鯛としては珍しくムシャムシャと食べ応えがあります。黄身酢おぼろに柚子の香りと江戸前の仕事にも抜かりありません。
ガリも美味しいですね。甘めと辛めの2パターンが用意されており、いずれも素晴らしい鮨の友です。シャリにつき、米の炊き加減は硬めで私好み。赤酢主体のパンチのある調味もお見事。こういうシャリが、私は好きだ。
サクラマス。巨人軍のように鮮やかなオレンジですが、その味わいは実に綺麗であり、主役を張れる美味しさです。
トリガイは驚くほど柔らかく歯切れが良い。貝特有の嫌な匂いは1ミリもなく、トリガイだってYDKなんだなと身をもって思い知らされました。
アジ。脂たっぷりメタボ体質であり、ブラインドで食べればサンマやイワシに感じてしまいそうなほど。ニンニクっぽい香りのする何かを忍ばせ、圧の強い脂を上手に薙ぎ払ってくれています。
ホタテの磯辺焼き。ざっくりと分厚いホタテをチリチリに焼いて旨味を凝縮。パリっと香りの良い海苔と共にナイスタイムでした。
こちらはイワシの磯辺巻き。アジと同様に脂たっぷりであり、その壮大な味覚に酔いしれます。
ちょいちょいツマミも挟んでくれます。燻製したホタルイカにタラの芽の天ぷら、焼いた筍。いずれも春爛漫の味覚であり、まさに花より団子です。
コハダは強めの酢が印象的で、シャリも負けずに酢が強い。何とも刺激的なにぎりであり、緩急織り交ぜた楽しい食体験です。
マグロのヅケは王道の美味しさ。鮨とはマグロであると語り掛けてくるようです。
サヨリも美味しいですねえ。ニョロニョロと面白い姿形であり、身は厚く肉のような食べ応え。
大トロは見た目ほどクドクドしておらず、脂と身の部分のバランス感覚に優れているように感じました。
アマダイをウロコ焼きにし、アクセントにカラスミのパウダーを振りかけます。カリっジュワっとしたアタックが心地よく、酒泥棒な逸品です。
桜エビの茶碗蒸し。今が旬の素材であり、元気一杯で無邪気な味覚です。
ウニ。見ての通り濃厚な味わいであり、磯の香りの強い海苔と共にデリシャスです。
スミイカ。滑らかな口当たりにクリアな味わい。クライマックスに向けて程よいお口直しです。
海老は甘味よりも旨味や塩気を強く感じます。北方の生の甘い甘い海老も良いですが、こういった好戦的な味わいもいとをかし。
お椀は魚のアラから炊いたスープがベースとなっており、本日のコースの集大成といったところでしょう。
アナゴは小ぶりながらもジュワっと存在感のある味覚。凝集的で密度の濃いにぎりでした。
細巻きのカンピョウにギョクでフィニッシュ。ごちそうさまでした。

以上を食べ、そこそこ飲んでお会計はひとりあたり2万円でお釣りが来ました。同じ銀座でも中央区銀座であれば倍請求されても文句は言えない質および量であり、予約の取れない東京鮨バブルにウンザリしている方に確実にハマることでしょう。久しぶりにガチでオススメしたい鮨屋です。



関連記事
鮨は大好きなのですが、そんなに詳しくないです。居合い抜きのような真剣勝負のお店よりも、気楽でダラダラだべりながら酒を飲むようなお店を好みます。
この本は素晴らしいです。築地で働く方が著者であり、読んでるうちに寿司を食べたくなる魔力があります。鮮魚の旬や時々刻々と漁場が変わる産地についても地図入りでわかりやすい。Kindleとしてタブレットに忍ばせて鮨屋に行くのもいいですね。

四海樓(しかいろう)/松が枝町(長崎市)

ちゃんぽん及び皿うどん発祥の店として知られる「四海樓(しかいろう)」。長崎市の海沿い、大浦天主堂やグラバー園すぐ近くという観光地としては最強の立地を誇ります。人気も最強で、食べログでは百名店に選出。ちなみに我々は週末に訪れ、オープン30分前シャッターで70人待ちでした(暇だから数えた)。
外観はロボット戦士でも飛び出して来そうな要塞っぷりですが、店内は長崎港から稲佐山まで望むことができ眺望抜群。100席あって回転も速いのですが、それでも時機を逸すれば1時間待ちは当たり前の世界なので時間に余裕を持って訪れましょう。ちなみに我々はオープン45分前に訪れて5-6組待ちといったところ。ディズニーランドのように10分前倒しでゲートオープンしたので、実質30分ほどしか待ちませんでした。
まずは長崎名物の「合多司(ハトシ)」。餃子のタネを食パンで巻いて揚げる春巻きのようなスナック。いま貴方が想像している味とほぼ同じですが、この立地この眺望で500円を切る価格設定なのですから文句のつけようがありません。
続いてカニの玉子とじ。メニューの写真ほどトロトロではなくカニ肉も少なく、餡抜きの天津飯の頭といった仕様です。それでも調味はしっかりとしており、1,200円という価格設定を考えれば悪くないひと皿です。
海老のチリソースはこれでもかというぐらいエビが放り込まれています。味そのものはケチャップ調の雑な味覚ですが、それでもまあ、これだけエビが入って1,500円なのだからお値打ちと言えるでしょう。
「炒麺」はいわゆる皿うどんであり、こちらも当店が発祥とされています。ちゃんぽんをアレンジした料理という位置付けであり、ベースとなる味付けや具材はちゃんぽんと方向性が同じ。お野菜たっぷりで素直に美味しい。これだけの質および量で1,100円というのはお買い得です。
ちゃんぽんも1,100円。豚骨と鶏骨から取ったスープに扁平に太い麺が特徴的。スープは白濁しておりクリーミーなのですが思いのほか軽やかな仕上がりであり完飲。また創業者であるムッシュ陳平順は清国からの留学生の身元引受にも積極的で、彼らの食生活の悪さを見かねて安くボリュームと栄養のある食事を取らせようと考案したものらしく、なるほど具材も豊富でコレ一食で30品目を達成しそうなほど満腹感のある逸品です。
以上5品で5千円かそこらであり、ド観光地の眺望抜群のレストランで、この質おより量を確保してこの支払金額はリーズナブルです。ネット上で当店を悪く言う方も結構いますが、それは想定外に待たされてストレスが溜まった結果であり、ある程度の待ち時間は覚悟して計画的に訪れれば悪態をつく余地はありません。絶対的に良心的な店です。
ちなみに退店時の正午ごろにはテーマパークのアトラクション顔負けの列の長さとなっており、また日差しを遮るものものないため、夏に訪れる際は日傘や帽子で熱中症対策をお忘れなく。グループのコース料理であれば個室を予約できるようですが、やっぱ千円でちゃんぽん食べて満腹、というのが当店の正しい使い方でもあるため、悩ましいところです。



関連記事
それほど中華料理に詳しくありません。ある一定レベルを超えると味のレベルが頭打ちになって、差別化要因が高級食材ぐらいしか残らないような気がしているんです。そんな私が「おっ」と思った印象深いお店が下記の通り。
本場志向で日本人の味覚に忖度しない中華料理が食べたいかた必読の書。東京の、中国人が中国人を相手にしている飲食店ばかりが取り上げられています。客に日本人は殆どいないのですが、コロナ禍で海外に行けない今、ある意味では海外旅行と同じ体験ができる裏技が盛りだくさん。